バイナリーオプションでの取引

 

バイナリーオプション取引での取引は基本的に勝つか負けるかの二択となります。負けた場合は掛け金が全額没収されます。では、買った場合には掛け金の何倍が戻ってくるのでしょうか。株式投資などの場合、1日という超短期の取引では上手くいった時であっても数%から数十%の利益しか得ることができません。しかし、バイナリーオプションの場合、リスクが大きい分、買った場合には非常に多くの金額が戻ってきます。

バイナリーオプションにおける証券会社からの払い戻し倍率は「ペイアウト倍率」と呼ばれます。この比較中心で初心者でも分かりやすい構成ウェブページによると掛けた金額にこの倍率を掛けたものが支払われるというわけです。この倍率は証券会社ごとに決まっており、低い場合で1.6倍程度、通常であれば2.0倍程度が普通です。業者によっては20倍、30倍というコースがある場合もありますが、その場合様々な制限がかかり、的中しづらくなっていますので注意が必要です。

ペイアウト倍率を決定する要素には様々なものがありますが、その中の一つに、結果判定までの時間というものが挙げられます。つまり、近い未来よりも遠い未来の方が予想が難しいため、前者の倍率は低く、後者の倍率は高くなるということです。具体的には、10分先の相場を予測するものと、1日先の相場を予想するものでは後者の倍率が比較的高くなります。

また、前述したように倍率が数十倍にもなるバイナリーオプションも存在しますが、その場合、単純な相場の上下を予測するだけでは的中させることはできません。例えば、IG証券の用意しているバイナリーオプションは最大32倍もの倍率を誇りますが、選択肢は20種類にも及び、的中させることが難しくなっています。丁か半かといった単純明快な取引が魅力であるバイナリーオプションですが、このような選択肢が存在することもバイナリーオプション 比較化をして分かりやすく自分にあった相手を探すためにも頭の片隅に置いておいて損はないのではないでしょうか。

さらに、基本的にはペイアウト倍率は固定のものとなっているのですが、一部で変動制のものも存在します。この場合、条件を満たせば高倍率を狙うことができますが、勝つことが難しくなるというデメリットが存在します。

いずれにせよ、バイナリーオプションに慣れていないうちはは低倍率の1.8〜2.0倍程度の取引から始めるのが良いと思われます。オーストラリアハイローでは最大2倍の配当になっています。このように経験を積んでいくうちに、より効率のよいペイアウト倍率を扱っている証券会社やコースに出会うこともありますし、その中から自分の投資スタイルと合っている会社を見出していけば良いのではないでしょうか。


ファンドマネージャーと金融資金を運用する担当者のことです。
例えば一般の投資家が投資信託を購入したりしますが、こうした投資信託にはファンドマネージャーがいてどの銘柄の株式にどのくらい投資するのかなどの分析を行い、それを実行します。この責任者がファンドマネージャーということになります。ファンドマネージャーになるには特別な資格は必要がありませんが、ほとんどの人が証券アナリストの資格を持っていますし、多くの運用会社では証券アナリストの資格を持っている人しかファンドマネージャーになる資格を与えていません。

資産運用会社でファンドマネージャーになるためには、入社後財務諸表の分析などを覚えたり、先輩と投資先の企業に訪問して取材したりという下積みを経てファンドマネージャーになります。多くの人が40歳前後でファンドマネージャーになるようです。ですのでファンドマネージャーへの道はかなり長いと言えます。
一方で、ファンドマネージャーの給料はそんなに高いとは言えません。外資系証券会社のトレーダーは4~5000万円稼いでいる人はたくさんいますが、日系の資産運用会社のファンドマネージャーはせいぜい1500万円程度です。その代り勤務時間はそんなに長くはなく、あまり残業などもなくゆったりと働けます。
金融の世界では「セルサイド」と「バイサイド」という分け方ができます。セルサイドは証券会社で株式や債券を売る側のことを指しています。一方、バイサイドは資産運用会社や銀行のことを指しています。資産運用会社や銀行は株式や債券を証券会社から購入して運用しています。セルサイドはもちろんただ単に売るだけではなく投資に必要な情報をバイサイドにきちっと提供しています。情報の分析力と商品の販売力が証券会社の力の見せどころです。一方、資産運用会社は投資した商品でどれだけの利益を出せるかが評価の分かれ目になり、ファンドマネージャーの評価につながります。

しかし海外ではファンドマネージャーの給料は証券会社のトレーダーとまではいきませんが、それなりに高給だといわれています。海外では投資信託のような投資商品がたくさんあり、欧米では国民の投資が一般的です。このため運用会社がたくさんありファンドマネージャーもたくさんいて高給を稼いでいるといわれています。日本でも今後このような流れは加速していくといわれていますので、ファンドマネージャーも増えていくと思われます。 

 
  • おススメBO